For Natural 〜毎日をごきげんに過ごそう〜

Life

Blogに書ききれなかった旅の記憶 日本一周旅行のエピソードをご紹介!!

エピソードvol.7
石田家の対処法

まず話し合う事、お互いの意見を出し合って可能な限り想いをかなえる。
計画は全員で練る。みんなの意見をできるだけ叶えるために話し合いは絶対必要!!

車内泊の旅を続けていると、車の中では、エネルギーを発散できずにパワーが有り余ることもしばしば。 すると、イライラのもとになって、喧嘩したり、泣いたり、はしゃぎ過ぎたり、車の中が大騒ぎになる一番嫌なパターン。 そんな環境で気づいたのは、「子供達は、自分たちで決めた道のりだと、勝手な事を言わなくなっていた」ということ。 全員がワクワクすることが「楽しい」の条件。

毎朝、地図を広げて、家族全員で現在地をチェックする。みんなの意見をミックスして、その日の行き先を決める。そこで、全員納得。 家族全員の目標が一致すれば、励まし合いと助け合いの形が生まれるんだよね。エネルギーを助け合いに使うことになれば、全員で盛り上がれる。
親の「旅行に連れて行ってあげてる」という意識は、子供の自由な発想を押さえ込んでしまっていたんだね。 目的の見えない旅では、子供達は、退屈で暴れ始めるのがパターンという感じ。

本当に楽しい事は、子供の方がよく知っている。子供の童心にはかなわないよね。家族で楽しむことを家族みんなで決めるのは、常識にしておきたいところ。

日常でも使えるワザ

忙しい毎日で時間に追われて焦ってしまい、子供たちに、言うことを聞かせようと怒ってばかりで疲れている人も少なくないはず。 親の意見だけを押しつけるのって、ちょっと傲慢なのかもね!
子供たちは、それに素直に反応してくれる。親がピリピリしていたら面白くないの当たり前!退屈でイタズラしてしまう…これ、子供の習性。 自分で用意した荷物は、頑張って持てるけど、持たされた荷物は、重く感じるもの。

子供たちは、「役に立ちたい」って想いを持っている。必要とされる事に喜びを感じるのは、大人も子供も同じ。何か得意になりたいんだね。 環境と条件が揃っていれば、子供たちは、勝手に自分ですること見つけて働いてくれる。 親がピンチになっているのを感じたら、ここぞとばかりに、自分のできる事をしてくれるようになるんだよね。

旅行中、コンビニで止まって地図を見て相談していたら、子供たちが自分でトイレを借りに行けるようになったり、 お湯を沸かしてお茶を入れられるようになったり。お姉ちゃんは、砂糖の入れ具合にこだわりができて、旅から帰ってからもお茶を入れてくれる。 全員が話し合って一つの方向に向かえば、子供たちも協力体制になってくれる。

経験が家族を変えてくれる。一人一人が認め合い、個人の意見を出し合って、楽しみに向かうだけ。力を合わせた共同作業、みんなそれを求めてるんだね。 親が手出しできない状況で、子供たちが急成長してくれたのを感じている。そんな成長を目の当たりにして、忘れられない1日が過ごせるかも。いい時間!!

現代で「子供の成長を見守る」のってなかなか難しい。快適な環境で、余裕があるから、いろいろ手出ししたくなる。 でも、子供も大人も自分で出来るようになった方が「えっへん」って得意になれて嬉しいし、本人の自信に繋がっていくんだね。
家族がお互いに自立する条件をそろえたら、後は、勝手に成長していく。人間も自然の一部ですからね〜
植物は、風に揺らされて幹が太くなる。これって、人間も同じなんですね!


Top Life Beauty Body About us Blog