For Natural 〜毎日をごきげんに過ごそう〜

Body

フォーナチュラル流アドバイス フィジカルセラピストのお悩み解決策!!

Q.春は花粉症が悩みの種。抜け出す方法って?
A.まずは、体の緊張ををほぐす事から始めよう。
呼吸法&足湯アロマバージョンでネガティブ意識を吹き飛ばせ!
step1
ティーカップに熱湯を入れて、蒸気を鼻からゆっくり吸入します。
ユーカリの精油などを1滴加えても良いでしょう。
step2
気分が和らいだら、鼻が通っているイメージをしながら呼吸法にチャレンジ!
step3
さらに、手足が冷えている人は、足湯をして全身ほっこりしましょう。
アロマオイル(オレンジピール・柚・ユーカリなど)を入れるとより効果的です。
敏感になりすぎないで、春を楽しもう!

春というのは、生き物の活動が活発になり始める時期です。 人の身体の中でも、腎臓から肝臓に代謝の主役が切り替わり、夏に向けて汗をかく準備をします。 肝臓が忙しくなるこの時期に、花粉症の薬などを過剰に服用していると、さらに肝臓に負担をかけ、結果的に胃腸に滞りをつくってしまいます。 ネガティブの渦に飲み込まれるパターンと言えるでしょう。

鼻水を止める事が、アレルギーを治す事には繋がりません。 精神的苦痛や薬品によって、身体の「水」が汚れると、悪循環(倦怠感・イライラなど)がはじまってしまいます。 この苦痛がメンタル面にダメージを与えてしまい、水分代謝(肝の働き)がにぶり、身体が冷えてきます。 結果、頭寒足熱がひっくり返って頭に熱がのぼり、鼻が敏感になる、というワケなのです。 「鼻が敏感になる」という点では、花粉を怖がりマスクを使いすぎて、鼻の花粉センサーを鍛えてしまう事もしばしば。 薬の効き目が解からなくなったり、背中が痛くなったら、悪循環スタートのサイン!! そんな時こそ、アロマ&蒸気吸入で気分を変えることが大切です。 身の回りをきれいに片づけて(ハウスダスト対策)、ポジティブなイメージがふくらむように整えると、さらに効果的! 鼻を癒してから呼吸法をする事で、身体に酸素を取り込み、身体の「水分」を浄化します。
さらに、足湯をする事によって、肝臓や胃腸の働きを助けて体から毒素や老廃物が排泄される環境を作れば、ポジティブの種が芽を出します。

僕自身もアトピーと花粉症経験者です。幼いころ便秘など腸の弱さからアトピー体質で、鼻のトラブルも多かったのを覚えています。 成人になりさらに花粉症が悪化…しかし、この職業をしていて花粉症なのは「かっこつかない!」と思い、自分の身体で克服しました。 結論から言って「病は氣から」でした。 花粉がたくさん飛んでいたらくしゃみが出て当たり前、鼻が出てきて当たり前です。 「僕は、ただの鼻炎」って自分自身に言い聞かせました。心がけたのは、正しい食生活と外遊びに仕事に一生懸命、夢中になること。
仕事が楽しくて大忙し、気づくと、その年の花粉症の季節が終わっていました。 花粉症の事をすっかり忘れていたら、毎日睡眠不足の身体でも、花粉症の症状は出る事がなく、その後、アトピーや便秘も改善!
「氣にするから敏感になる」ということを学び、 精神的不安を一度味わうと、恐怖感がさらに不安を育ててしまうってことを病気から教えてもらった気がしました。悪い方向に進化はしたくないですね。

人はポジティブな事に一生懸命になっていないと、春を楽しめないのかもしれません。 大自然がポジティブに活動を始めている時期ですからね。

【Let's Try ! 】
身体の水分浄化−Oリングチェック−
「水」が「想い」に影響を受けていることを実感&体験してみよう!
身体の約70パーセント近くが「水分」です。その水分が循環し、浄化し続ける事で腐らない…全文を読む

Top Life Beauty Body About us Blog